歯が痛い.COM
 トップページ > 虫歯(歯痛)の基礎知識 > 虫歯の進行段階とその症状 難聴.COM サイトマップ
虫歯(歯痛)の基礎知識

 ・虫歯の進行段階とその症状
 ・早期治療が歯寿命を縮める
 ・子どもが虫歯になりやすい理由
 ・睡眠中は虫歯になりやすい
 ・間食は虫歯になりやすい
 ・糖尿病患者は虫歯になりやすい

歯磨きブラッシングの技術

 ・食習慣変化と歯磨き必要性
 ・食事直後の歯磨きは効果薄い
 ・重点的に磨くべき口内4カ所
 ・歯周病を防ぐ歯磨き方
歯磨きの道具について
 ・歯ブラシの選び方3ポイント
 ・歯間ブラシとデンタルフロス
 ・デンタルフロスの使い方・注意点
 ・歯間ブラシの使い方・注意点
 ・電動歯ブラシの注意点  

歯と歯周組織の基礎知識

歯周病の症状 
 @主に歯肉に炎症
 A歯周炎の末期症状への変遷
 B歯周病は漢方的に「お血」状態
歯周病の原因
 @病状で異なる原因細菌
 A口の中の免疫バランスの崩壊
 B糖尿病者はなりやすい
 C噛み合わせ異常も原因に
歯周病の進行
 @歯肉炎から歯周炎と進行
 A歯周ポケット形成し骨を破壊
 B細菌と免疫機構の戦い
 C病状(闘い)の末期の状況
歯周病の予防 
 @歯茎出血しない磨き方の是非
 A歯石を取るだけでは不十分
 Bうがい薬でプラークは取れない

抜歯・被せ歯の基礎知識

 ・親知らずの適切な処置
 ・被せ歯は実は脆弱
 ・金属の被せ歯も虫歯にかかる
 ・抜けた歯の放置で顎ズレ
 ・歯の神経を取る(歯髄切除)
 ・神経を取った歯が痛む場合

歯と歯周組織の基礎知識

 ・矯正・審美治療の必要性
 ・審美治療と矯正治療の違い
 ・矯正治療と虫歯治療の違い
 ・大人と子どもの矯正の違い
 ・歯並びが悪くなる原因
 ・出っ歯の遺伝性
 ・小臼歯を抜歯とは
治療前の注意事項
 ・矯正治療のリスク(危険性)
 ・矯正治療の痛み
 ・矯正治療前に結果を知る方法
 ・自由に形を決められる?
 ・矯正治療の歯科医院の選び方
 ・非抜歯矯正治療の出っ歯リスク

歯と歯周組織の基礎知識

 ・歯の仕組み(歯列、歯の名称)
 ・歯周組織の仕組み(歯肉構造)
 ・歯肉の働き
 ・歯槽骨の働き
 ・歯根膜の働き

歯と歯周組織の基礎知識

 ・「歯の強さ」は人それぞれ
 ・大きな違い!自分の歯と入れ歯
 ・虫歯菌、歯周病菌とは?
 ・深刻化しやすい喫煙者の歯周病
 ・虫歯になりにくい人は歯周病になりやすい
 ・歯への無神経は重大な病気を
 ・知覚過敏の原因
 ・歯科の痛い麻酔・無痛麻酔
日常生活の予防
 ・食後にガムを噛む効果
 ・むし歯予防とフッ素の効果

虫歯の進行段階とその症状

- 虫歯(歯痛)の基礎知識

歯が痛い

C1段階

エナメル質限定の虫歯です

虫歯C1段階

 エナメル質に限った虫歯のことです。以前は「早期発見・早期治療」をうたい文句に、この程度のむし歯でも治療していました。今では、C1は治療すべきではないという考え方に変わってきています。というのも、虫歯に自然治癒力がないと考えられていたのですが、エナメル質に限っては、再石灰化によって虫歯が治療できるのです。とくにフッ素を使用する人に、再石灰化が起こりやすいので、削って治すのではなく、フッ素を使って再石灰化するかどうか経過を見ていくべきなのです。
 ちなみに、エナメル質には神経が通っていないので、痛い、しみる、といった自覚症状はまったくありません。

C2段階

軟らかい象牙質に虫歯が届いています

虫歯C2段階

 むし歯が象牙質(ぞうげしつ)まで達した虫歯の場合です。象牙質は、エナメル質と違って、再石灰化も起こさず、硬さも5〜6倍軟らかいので、あっという間に神経に到達してしまいます。この状態では、なるべく早く治療をしなければなりません。象牙質の虫歯も深くなると、痛みやしみるなどの自覚症状が出てきます。
 とくにデンタルフロスを使っていない人は、歯と歯の接点(コンタクト)から虫歯になり、本人が気づかないうちに虫歯が進行する場合が多いのです。

C3段階

痛くて治療しないわけにはいきません

虫歯C3段階

 歯の神経にまで虫歯が到達すると、常時の激痛になります。ここまで虫歯が進行すると、歯の神経を取り除かなければなりませんが、いったん歯の神経を取ると、その後その歯は、血液の循環による栄養を補給できなくなりますので、年々弱くなっていきます。そして、いつかは枯れ木と同じようになってしまいます。
ですから、C2の段階までのうちに早めに治療を受けることが大切です。

C4段階

このまま放置すると近い将来抜歯処置になります

虫歯C4段階

 むし歯に感染している部分を取り除いて、歯茎の上から歯の見える部分がほとんどなくなり、歯の根元だけが残っている状態です。虫歯が歯茎にまで達してしまうと、このC4の歯は、もう抜歯になってしまいます。

 

◇「虫歯(歯痛)の基礎知識」の記事一覧◇

虫歯予防のマメ知識

日常予防

歯と歯周組織の基礎知識
 ・歯の仕組み(歯列、歯の名称)
 ・歯周組織の仕組み(歯肉構造)
 ・歯肉の働き
 ・歯槽骨の働き
 ・歯根膜の働き

歯磨き(ブラッシング)の技術
 ・食習慣変化と歯磨き必要性
 ・食事直後の歯磨きは効果薄い
 ・重点的に磨くべき口内4カ所
 ・歯周病を防ぐ歯磨き方
歯磨きの道具について
 ・歯ブラシの選び方3ポイント
 ・歯間ブラシとデンタルフロス
 ・デンタルフロスの使い方・注意点
 ・歯間ブラシの使い方・注意点
 ・電動歯ブラシの注意点
歯周病の基礎知識
歯周病の症状
 @主に歯肉に炎症
 A歯周炎の末期症状への変遷
 B歯周病は漢方的に「お血」状態
歯周病の原因
 @病状で異なる原因細菌
 A口の中の免疫バランスの崩壊
 B糖尿病者はなりやすい
 C噛み合わせ異常も原因に
歯周病の進行
 @歯肉炎から歯周炎と進行
 A歯周ポケット形成し骨を破壊
 B細菌と免疫機構の戦い
 C病状(闘い)の末期の状況



甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
koujousen.net

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

目眩(めまい)
眩暈(めまい)に関して、対策や治療法、メニエール病など有名な病気や類似症状などについて、各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com/memai
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・